中古住宅購入時の盲点

模型と硬貨

引き渡し時期は交渉しよう

中古住宅を購入し、マイホームの夢を叶えようとご検討中の方もいらっしゃるでしょう。立地や間取り、リフォームのしやすさで物件を比較することで、理想のマイホームを取得できます。しかし、もう1つ念頭に置く項目があります。それは住宅ローン控除が適用されるかです。住宅ローン控除とは、年末の住宅ローン残高の1%が所得税から控除される制度です。最初の1年目のみ確定申告が必要となっており、2年目以降は確定申告なしで控除されます。この住宅ローン控除には、住宅が耐震基準に適合するものであることとの要件が定められています。築25年以上の中古住宅を購入する際には、必ずこの要件を満たさなければなりません。中古住宅を比較する際には、耐震性能までしっかりと把握しましょう。ただし、耐震工事を行うことで、要件を満たすことが可能です。リフォームやリノベーションの費用をしっかりと確保すれば、築50年の物件でも安心して購入できます。住宅ローン控除のための確定申告は、適用を受ける年の12月31日に住んでいることも要件となっています。もし年越し後の1月に入居した場合には、残念ながら翌年の1月まで確定申告ができません。丸々1年間住宅ローン控除が適用されないため、売主と引き渡し時期を交渉しましょう。また、引っ越しや転居・転入届の準備も忘れてはいけません。住宅ローン控除は、10年間毎年最大40万円もお得になる制度です。恩恵を最大限に受けるため、物件選びの時から考慮したいものです。